骨粗鬆症外来

診療内容

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

新子安くにみ整形外科

骨粗鬆症について

骨粗鬆症

骨粗鬆症は加齢などの原因により、骨が構造上もろくなってしまう病気です。
骨に含まれるカルシウムなどの量(骨密度)は若年期をピークに年齢とともに減少していきます。それにより、背骨が体の重みでつぶれたり、背中が曲がったり、変形による圧迫骨折、ちょっとした転倒などで骨折するなどの原因となります。

骨粗鬆症は、ご高齢の女性を中心に年々増加しています。

患者様の8割は女性となっており、ホルモンの分泌バランスが変化する更年期以降に多く見られます。50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。

骨粗鬆症の予防は、生活習慣の改善が大切です。

DXA機器

骨粗鬆症の原因には、年齢や性別、遺伝的な体質など、変えることのできない要素がありますが、食生活や運動などの生活習慣を見直し適切な投薬治療により改善可能です。

トレッサしのだ整形・形成外科では、骨に含まれるカルシウムなどの量(骨密度)をより正確に測れる高性能のDXA機器を導入しております。

骨粗鬆症となってしまった場合には各種薬物療法などを開始します。

クリニック概要

医療法人慈功会トレッサしのだ整形・形成外科

科目
整形外科・形成外科・リハビリテーション科・リウマチ科
所在地

〒222-0002
横浜市港北区師岡町700 トレッサ横浜南棟1階

駐車場について

電話
045-534-1551
予約は不要です。直接ご来院ください。

診療時間

 
9:00~12:00 - -
15:00~18:30 - - -

土曜午後 15:00~17:00
日曜午前 9:00~12:30
※金曜・日曜は形成外科診療を行っておりません。
休診日:水曜・祝日

9時~10時にご来院の方は「南4」の入口をご利用ください。
「南4」以外からは入ることができませんのでご注意ください。

担当医表